スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.8.7~13友ちゃん入院
2015年が始まってから友ちゃんの喘息がひどくなり、今までは出ても季節の変わり目だけだったのが3ヶ月に1度、2ヶ月に1度...となり、6月・7月は月1で1週間安静くらいの喘息になっていました。

かかりつけのY小児科ではいつもひどくなってからしか強めの薬を出してもらえず、ひどくなってからだと本人がきつい思いをするのでと訴えても子供には強い薬をなるべく与えたくないから・喘息の治療も大丈夫だろうと見送られてて不満はあったものの言われた意味もわかるしずっと診てもらってるし・・・と思ってたんだけど、
7月末に私と小児科の先生の間でトラブルがあり、もう二度と行かないと決めました。
そんな矢先に友ちゃんが8月6日少し咳き込みだしました。
夏休み入ってから幼稚園のお泊り会・プール・川遊び・・・と体力が落ちているところに風邪をもらったのかなと思う程度の咳だったので、翌日7日に初めての小児科で受診。
そしたら「このままこども病院へ行って入院してください!」って。
今までとそんなに変わらない状態やったからすごくビックリした。
血液中の酸素濃度が元気な時は100%、ちょっとひどい時で95%やったのに、そのときは90%しかなかったらしい。
逆に今までの小児科で喘息治療してなかったんですか?っておどろかれたよ。
パニックのまま家で準備してそのまま13日まで入院でした。

友ちゃんはいつもうるさいし動きも激しいから元気だと誤解されやすいんだけど、前の小児科は見た目だけで判断してたっぽい。
こども病院でも喘息の治療しましょうと言われなかったんですか?って何人ものドクターに聞かれたよ(-_-;)
大人でもそうだけど、やっぱりかかりつけの病院が必ずしも良いとは限らないね。
大事なこどもの体なのにこんな入院になってしまう前に早く他の病院回ってみるべきだった・・・とかなり自分を責めました。
ものすごく勉強になった。
友ちゃん数日は点滴・鼻から酸素チューブつけて、落ちる危険があるからとベッドは檻みたいな高い柵で仕切られホントにかわいそうでした。
こども病院は大人は良いけどこどものお見舞いは禁止されてて、俊ちゃん来ても会えず。
入院中は両じじばばに交代で来てもらったけど、俊ちゃんもかなり我慢してました。ホントよく頑張ったね。

今後はステロイドの喘息治療を続けること、寝室のベッドは毎日掃除機をかけること、その他食事とか色々アドバイスを受けて入院生活が終わりました。
7日間簡易ベッドのせいで私はひどい腰痛と心配しすぎでストレス性胃炎復活^^;
でも友ちゃんが元気なら何でもいいや。



これは退院当日。
ドクターからの退院の指示を待ちきれなくてのぞいて待つ友ちゃん。
conv201606270001.jpg


2016年6月現在。
退院後から入院をすすめてくれたN小児科に通い喘息の治療を続けて10ヶ月。
一度も喘息出ていません。
しかも風邪はひいても咳がでることもなく、鼻水だけですんでるの。
こんなに違うとはホントおどろきね^^;
N先生感謝!!
このまま出なければいいな。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

chika0720.m

Author:chika0720.m
8歳と6歳の2人の息子がいます。
心と体に優しいお菓子作りを目指してます。
将来自宅でお菓子教室やショップなどを開くのが夢です♪
時々イベントに出店しています。

ランキング
ランキングに参加しています。
1日1回のクリック宜しくお願いします♪ にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
レシピブログ
カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。